トップダウン式で行う!勉強計画の立て方!

勉強方法

勉強の計画は立てた方が良いと言われるけど
いつも計画倒れなんです。

計画を立てることは
戦略に従って学習していく上では重要だね。

計画の重要性

学習戦略を立てることには2つのメリットがあります。

①勉強の方向性がぶれずにすむ

中長期的に学習戦略を立てておくと,一時の気の迷いにより学習の方向性がぶれることがなくなります。

勉強期間は「隣の芝生は青く見える」ということを肝に銘じておく必要があります。

他の予備校の教材,自分が受講していない講師のレジュメが優れていると感じやすいですが,
このような一時の感情で勉強方法が変わるのでは,成果を上げることは難しいです。

 

②毎日の勉強にメリハリがつく

勉強計画を立てることによりやるべきことが明確になれば
毎日「これが終われば勉強を終われる」という目安ができて心理的な負担が軽くなります。

計画に従って進んでいるという安心感がないと,どれだけ学習すればよいのかが分からず
闇雲に勉強し,気力・体力を消費し勉強効率が下がる危険性があります。

 

 

でもどうやって計画を立てたら良いかは分からないョ。

勉強計画は以下の手順で立てると上手く立てられるョ
スケジュール面と学習内容面から説明するね

 

勉強計画の立て方 - スケジュール面

勉強計画を立てる時には,中期的な計画を各科目たててから
それを週の勉強,日々の勉強に落とし込んでいきましょう。

ここで重要なのは,

事前に決めた戦略に一歩一歩進んでいるというイメージが持つ

ことです。

獣道を進むより,予めレールが引かれた道を走る方が気持ち的に優位に立てます。

 

勉強計画の立て方 - 学習内容面

では,実際に各科目「いつまでに」「何を」学習するか。これが一番重要です。

この際にボトムアップ方式で各科目のやりたいことをベースに積み上げて学習計画を立てると
学習計画が理想標準になりがちで,計画倒れになりやすいです。

なぜなら,やった方がよいことは各科目際限なくあるためです。

C論点だって,やらないよりやった方が良いに決まっている。
ただ,コスパの観点でやらないという選択肢を取るだけです。
そのため,各科目のベストを考えてしまうと,全体の中でのコスパが考慮されないため危険です。

 

そこで,おススメはトップダウン的な学習計画を立てることです。

トップダウン的な学習計画は以下の要領で立てていきます。

 

1.自分の学習環境に合わせた可処分勉強時間(何時間学習ができるか)を考える。

2.自己分析に基づき,可処分勉強時間を科目の強化度合いに合わせて配分する。

3.配分された時間内で完結する内容で何がベストなのかを考える。

 

 

場合によっては,各科目学習範囲を絞るというような選択も出てきて良いと思います。

まずは,現状の自分の力を見極め,何を,どのように学習するのかを決定する。

それが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました